ソーラーパネルの単結晶・多結晶の違いは何ですか?

ソーラーパネルの商品を見ていますと、「単結晶」とか「多結晶」と説明がついています。
パネルに使われているシリコンの結晶の作り方(製造工程)の違いなのですが、同じワット数のソーラーパネルでも値段が違います。
種類の違いによって、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

【単結晶】
メリット・・・太陽エネルギーを電気に変える発電効率が良い
デメリット・・・製造コストが高い

【多結晶】
メリット・・・低コスト・大量生産向きの製造工程でコストが安い
デメリット・・・発電効率が悪かったり、見た目がひび割れや斑のようになり、きれいではないことがある

「街灯 明くん」のソーラーパネルは、単結晶のものを使用しています。